新規登録

パスワードをお忘れの方

PCゲーム

モバイルゲーム

期待中~~

ホーム>>

「DARK BLOOD」のPvP日本一も決定したオフラインイベント「DBOC2012」を報告。新職業や各職のバランスに関係あるインフォメーションも発表に

作者:RMTWM    発表時間:2012-12-26    コメント(0)    番号:T|T
2012年12月24日,シーアンドシーメディアは同社が運営するMMORPG「DARK BLOOD」のオフラインイベント「DBOC2012」を,東京・秋葉原のベルサール秋葉原にて開催した。PvP(対人戦)の日本一を決める大会が行われたほか,気になる今後のアップデート情報も,このイベント内で公開された。dark blood rmt
PvPの詳細なデータを公開。どの職業も勝率はほぼ5割
まずは,DARK BLOODのプロデューサー「とっしー」こと平山載基氏によって明かされた「職業の推移」「PvP勝率」といったデータを紹介していこう。
クローズドβテストおよびオープンβテストでは「ロードナイト」「パラディン」といったナイト系職業を运用するプレイヤーが对折近くを占めていたDARK BLOODだが,正式サービス開始から約3か月が経った現在では,「ウォーロック」や「トリックスター」「ウィザード」の运用率も伸びてきているという。
中でも「トリックスター」と「ウィザード」は,一般の狩りでも安靖した才能を持つことと,PvPにおける強力なコンボが発見されたことで,急激な生齿増加傾向にある。
「ロードナイト」と「パラディン」の生齿が对折を占めていた時代では,「トリックスター」の运用率はわずか数%と全職業の中でも最下位だったが,アップデートによってレベルキャップが開放され,新たなスキルを用いた強力な戦術が確立されたことで,現在の増加率はトップとなっている。ダークブラッド RMT

赤丸急上昇中とは言え,「トリックスター」を运用するプレイヤーの比率は順位にすると下から二番目。しかし,決闘場での利用率はずば抜けて高く,勝利数もトップを飾っている。平山氏によれば,これはレベルキャップ開放後に覚えるスキルが,PvPに有効なものだったためだという。
一方,「ウォーロード」はレベルキャップ開放後のスキルがPvP向けではなかったことから,決闘場での利用率は減少傾向にある。ちなみに,最もプレイヤーの运用率が低い職業は「スナイパー」で,平山氏は「徹底して間合いを取るスタイルが缘由ではないか」と剖析する。今後は初心者が使いやすいスキルを追加することで运用率の増加を図っていくとのこと。 また,職業ごとのPvPにおける勝率も公開された。面白いのは,相手にした職業ごとに詳細な勝率が記録されているという点だ。例えば「ベルセルク」は対「パラディン」で60.67%という高い勝率を記録しているが,対「ウィザード」では42.05%に留まる。
「ロードナイト」と「パラディン」はプレイヤーからPvPで強いという意見が寄せられる職業だが,実際の整体勝率はどちらも50%を下回っておりで,数値上のバランスは悪くないことが分かる。
ユーザID: パスワード: 認証コード:
ログイン
新規登錄